基本理念

「その子らしさ」を大切にして障がいのある子どもさんたちが、地域の方たちとともに学び、遊び、活動する、地域づくりを推進いたします。

  • 地域子ども子育て支援
    地域において、医療、教育、福祉、行政が連携し一貫とした支援を行い、子どもさんの能力が可能な限り発揮できる体制をつくります。
    いつも子どもたちを見守り、受け止めて、気持ちを落ち着かせることができる安全の基地となり、また避難所になります。
  • 子ども・保護者支援
    障がいのある子どもさんが自然に交わり、支え合う地域づくりが必要です。
    親(保護者)は子どもにとって、もっとも強力な教師であり、家庭は子どもにとってもっとも自然な環境です。早期発見と保護者の早期理解、子どもさんへの早期指導は重要です。
  • インクルージョン(包括)保育
    発達障がい児は「特別な支援を必要とする子ども」です。子どもさんすべてを包括的にとらえ、差別することなく、すべてを包み込んだうえで個人々に必要なケアを行っていきます。
    センターでの療育だけではなく、通常園との並行した通園形式が望ましいと考えています。

太田ステージについて

  • ◎太田ステージの特徴
    1. 子どものシンボル機能の発達段階が把握できます
    2. 子どもの行動の意味を知ることができます
    3. 療育・教育の手立てや個別のプログラムをたてることができます
    4. 評価の仕方が簡便で、評価に客観性があります

ご紹介

当センターが療育に取り入れている「太田ステージ分類」。その開発者でもある太田先生をご紹介します。

太田昌孝先生
特定非営利活動法人 心の発達研究所 理事長
児童精神科医 医学博士

子どもたちを理解するうえで年齢と発達は不可欠な指標です。太田ステージ評価は子どもの認知発達段階を軸にして、発達を理解する指標です。太田ステージを適切に利用することにより、簡便に認知発達知ることができ、共通な言葉で子供を理解する基礎とすることができます。そして、ステージ段階別に適切な認知課題を提示することが出来ます。子どもはその課題の遂行を通して、支援者と達成感を共有することが容易に出来るようになります。
この働きかけを正式には認知発達治療と呼びます。通称として、太田ステージと呼ばれているこの治療教育を指します。また、太田ステージの実践の経験も必要です。
太田ステージ評価は簡便は方法であっても、発達には不連続点があり、その節目に着目して、発達段階を設定できるとする発達理論について一定の理解を得ておくことが必要です。
ふじわら医院で蓄積した太田ステージにもとづいた治療教育の経験を、山口県での児童発達支援センターにおいて中心となり普及していただければ、ASDを初め発達障害に悩む本人やご家族にとってこの上も無い幸せと思います。

武藤直子先生
特定非営利活動法人 心の発達研究所 理事
臨床心理士
自閉症スペクトラム支援士 エキスパート

知的障害や発達障害の場合、発達に合わせた対応が必要となります。
太田ステージは短時間で発達段階を見ることができ、それに合わせた療育の方針がたてられることが特徴です。
発達がわかると子どもが世の中をどう見、感じているかが理解できるので共感や情緒的交流ができます。

『太田ステージ段階に応じた教材の紹介』

ポーテージ早期教育プログラムについて

-ただいま準備中です

『ポーテージ早期教育プログラムご利用の流れ』

ゆうでの取り組み

①チェックリストによるアセスメント
現在の発達状態の把握をするため、ポーテージチェックリスト(以下、CL)を用いて発達アセスメントを行います。

②太田ステージ評価とポーテージから行動目標の設定
太田ステージ評価の認知発達手段から支援を考えた上で、CLにて行動目標(石鹸をつけて手を洗う、物の大小関係をいうなど)を選定していきます。

③行動目標達成のための課題分析
設定した行動目標に関して、現在どこまでできており、どこが難しいか、段階を踏んだ支援をするための課題分析を行います(その他、家庭記録票や活動チャートなどを作成します)。

④支援と評価
家庭での指導に加え、「ゆう」での支援について、家族との面談や家庭記録票から評価を行い、行動目標が達成できたら新たな行動目標のために課題分析を行います。

⑤「①」にもどってアセスメント
一定期間内(3カ月から半年ごとを想定)にCLを用いて、再アセスメントを行い、今現在のお子さんの発達に併せて、支援方法を再調整していきます。