ひも通しは、穴のあいた積み木に紐を通す遊びで、個別療育でよく使われています。

DSC03645

積み木は、赤青緑の正方形型・円柱型があります。正方形は、机と固定されているため紐を通し易いですが、円柱は机の上で転がるため片手で固定しながら紐を通さなければならならず、少し難しくなります。

ひも通しは、発達に合わせて遊ぶことができます。手の操作が未熟な子どもには、紐を穴に入れるだけでも難しいため、まず療育者が積み木に紐を通しておいて、紐を引っ張る力を身につけます。徐々に療育者の援助を減らしていき、一人でひも通しができることを目指します。ひも通しができる子どもには、『指示を聞いて動く』を目標にして、「赤と青の積み木を入れて」等の療育者の指示を聞いて紐を通した遊びを行っています。

DSC03644

子どもたちは、写真のように積木に紐を通した後、紐を通した積み木で電車に見立てたり、紐をぶらさげて釣りに見立てて遊ぶ姿がよく見られます。

ひも通しで、手の操作を楽しみながら身につけ、日常生活でできることを少しずつ増やしていくような支援を行っています。

ひも通し